低用量ピル②

すべての女性の笑顔と健康のために・・・ 

新宿女性のクリニックでは女性のライフステージに合わせた診療を行っています。

本日は、前回ご紹介した低用量ピルのメリット・デメリット、その他のピルについてお話します。

■ピル使用のメリット

生理周期が整います。正しく服用すると99%以上の避妊効果があります。
避妊目的以外にも

  • ・月経前症候群(PMS)が改善されます。
  • ・月経量が少なくなるため、貧血の改善にもつながります。
  • ・ニキビが改善されます。
  • ・長期投与することによって、卵巣がん、子宮体がん、
  •  直腸がん、リウマチなどの発症予防につながります。

■ピル使用のデメリット

  • ・吐き気、頭痛、胸がはる、むくみ、下腹部の痛みなど。
  •  これらは、内服開始後、1か月以内に消失することが
  •  ほとんどです。
  • ・血栓症(血液のかたまりが血管をつめてしまう病気)の
  •  リスクが高まります。
     そのため、35歳以上で、1日15本 喫煙する方には
  •  ピル処方はお勧めしていません。
  • ・乳がん発症率に関して、最近のガイドラインでは、
  •  乳がん発症の危険率が上がるという相関性はないと
  •  されています。

■緊急避妊(アフターピル)

避妊に失敗して72時間以内に内服することで排卵を遅らせたり、着床前に子宮内膜を変化させ、妊娠成立を防ぎます。
効果は100%ではなく、時間の経過と共に下がっていきます。

■月経移動について

一時的に中用量ピルを服用することにより月経日を早めたり、遅らせたりすることが可能です。
生理を早めたい場合は、生理開始後1週間以内に、
生理を遅らせたい場合は、生理予定の2週間前までには受診してください。

女性ならではの悩みやご相談、お待ちしております。

https://shinjuku-ladies.com/